BW1 新要素

今作から追加された新要素

システム関連

  • 今回の舞台は「イッシュ地方」すでに見つかっているポケモンはほとんど姿を見せない
  • マップが3Dになった
  • フレンドリィショップがポケモンセンター内に併設され、街中に自販機が設置されている
  • 現実時間の1ヶ月ごとに、ゲーム内で四季が変わる
    • 季節でポケモンの姿が変わったり(シキジカなど)、出現率が変わったりする
    • 特定の季節でないといけない場所も
  • 会話の表記では、従来の「ひらがなモード」と「漢字モード」を選べる

バトル関連

  • 特性が発動したタイミングで特性名が表示されるようになった
  • 下画面に常時、現在の天候が表示されるようになった
  • 「トリプルバトル」が可能に
    • 3vs3で勝負
    • 左端のポケモンが右端のポケモンに攻撃することはできない(逆も)
    • 真ん中のポケモンは両端にも攻撃できるが、両端から攻撃を受ける
    • 左右のポケモンは真ん中のポケモンと場所を入れ替えることができる(1行動消費)
  • 3匹のポケモンをローテーションさせながら戦う「ローテーションバトル」
    • 勝負自体は1vs1
    • ターンごとにローテーションさせながらの勝負
  • 色の濃い草むらでは、野生のポケモンとダブルバトルが発生

新施設

  • 「バトルサブウェイ」では、7連勝でBP(バトルポイント)を獲得できる(バトルタワーの代わり?)
    • シングル・ダブル・マルチトレインから選べる
    • レベル50制限
  • 「ポケモンミュージカル」ポケモンをドレスアップして曲に合わせて躍らせる(ポケモンコンテストの代わり?)
    • タイミングよく下画面をタッチすることで、ボーナスポイント
    • 終了後には、観客からアイテムをもらえることも
    • 4人で通信も可能

アイテム関連

  • わざマシンは何度でも使用できる?

通信機能

  • エンディング後に「ポケシフター」で、過去シリーズからポケモンを連れてこられる
  • WiFi対戦「ランダムマッチ」では世界中のユーザーと対戦できる
  • 新ルール「ミラクルシューター」
    • ターンごとにポイントがたまり、そのポイントと引き換えに道具を使用できる
  • Webサイト「ポケモングローバルリンク(PGL)」に、セーブデータをアップすることで様々な特典が受けられる
    • 「ポケモンドリームワールド」では、きのみの栽培、どうぐの交換、マイホームのカスタマイズをしたり、通常とは違う特性を持つポケモンをゲットできたりする(ゲーム内で使用可)
    • Cギア、ポケモン図鑑のスキン(カバー)やミュージカルの新曲をダウンロードできる(ゲーム内で使用可)
    • 全国のプレイヤーのバトルランキングや自分の成績が見られる
    • フレンドと「あんしんメール」を送受信できる
    • PGLに登録していると、「ランダムマッチ」でレーティングモードを選択して全国ランキングに参加することができる

新ポケモン

  • ビクティニ:(エスパー・ほのお) しょうりポケモン ゲットは10月18日までの限定
  • 他のポケモンは、イッシュ図鑑に掲載しています

その他

  • パッケージには外箱と内箱があり、内箱にはレシラムゼクロムのオーバードライブ状態のイラストが描かれている